ラピッド | 格安・充実したSSLサーバ証明書販売 21-SSL | ドメインレジストラ 21company


HOME > ラピッド

◆新規・乗換・更新手続き(共通フォーム)
contact3.png

ラピッドSSL -RapidSSL-

米国GeoTrust(ジオトラスト)社RapidSSL事業部が提供する即日発行・低価格の証明書ブランド

価格

サービス名称 1年 2年 3年
Rapid SSL
1,580円
2,880円 3,420円
Rapid SSL  Wildcard
19,800円
34,800円 48,000円


【重要】コモンネームが、属性型JPドメイン・汎用JPドメインの場合は申請ができません。
【上記料金について】
* 価格は税込価格です。

申請~証明書発行までの流れ

global_q_nagare_new.png

【STEP1】申請フォームからお申し込み

お申し込みは、申請フォームに必要な情報を入力してください。
申請後すぐ到着するメールはお客様の注文内容を記載した自動返信メールです。

【STEP2】ご入金

■全ての証明書に対して、前支払い方法となります。 お申し込み後、5日以内のご入金をお願いいたします。
【お支払い方法】
銀行振込
振込先の記載はポイント購入ページに記載されます。 ※振込決済の場合、弊社着金後、ポイント残高へポイントが加算したのち更新手続が行えます。ポイントが無い状態で事前にお手続きを行なわれても手続きは完了しません。
クレジットカード
クレジットカード決済はリアルタイムに手続きが行われます。
ポイント残より引き落とし
下記のサイトから、必要なポイントのご購入をお願いいたします。
https://21-domain.comを開き、ハンドルログイン後左メニューより「ポイント」→「ポイント購入」 (クレジットカードまたは銀行振込により決済してください)
※1000円以上1円単位でお買い求め頂けます。
■お支払い代金の返金について:原則ポイント残に返戻いたします。ポイントの返戻についてはこちらを御参照下さい。
■請求書はWEB画面上にて発行頂けます。
http://21-domain.com/ ログイン後、左サービスメニューより「ポイント」→「ポイント入金履歴」
https://21-domain.com/?m=93,10
●ポイント購入額の請求書、領収書の発行がおこなえます。

【STEP3】認証

RapidSSLは、ドメインの所有者(管理者)に、証明書の発行に関する承認を確認します。認証方法は下記の「メール認証」により実施いたします。 面倒な本人確認のための書類提出の必要はありません。

メールによる認証

認証用メールアドレス

お申し込み前にドメイン所有者のみが受信可能と想定されるメールアドレス(admin@等のメールアドレス、もしくはwhoisに記載のあるメールアドレス)をご準備ください。

  • admin@コモンネームもしくはコモンネームで使用されているドメイン名
  • administrator@コモンネームもしくはコモンネームで使用されているドメイン名
  • hostmaster@コモンネームもしくはコモンネームで使用されているドメイン名
  • postmaster@コモンネームもしくはコモンネームで使用されているドメイン名
  • webmaster@コモンネームもしくはコモンネームで使用されているドメイン名
  • whois記載のメールアドレス

「メール認証による認証」の流れ

Step.1 お申し込み時にお客様(ドメイン所有者)のみが受信可能と想定されるアドレスが表示されます。その中から承認メール受信用のアドレスをご選択ください。
Step.2 ご選択いただいたアドレス宛にジオトラスト社RapidSSL事業部より承認メールを送信いたします。
Step.3 承認メールに記載されたURLをクリックし、お申し込み内容をご確認ください。
Step.4 お申し込み内容に間違いがなければ承認ボタン(承認する)をクリックしてください。
Step.5 注文確認画面が表示され、本人確認終了となります。

【STEP4】証明書の発行・インストール

証明書の発行

証明書発行をお知らせするメールが送信されます。メール文に記載の証明書をコピーしてご利用ください。

証明書のインストール

SSLサーバ証明書をサーバにインストールしてください。インストール手順はサーバの種類によって異なります。

サイトシール

ジオトラスト SSL 証明書 RapidSSLでは動的なサイトシールは提供されていません。
静的なロゴ画像がご用意してありますので、ダウンロードしてご利用ください。
ロゴ画像はクリックしても証明書内容は表示されません。
rapid_seal.gif

ラピッドSSLサービスの特徴

【重要】コモンネームが、属性型JPドメイン・汎用JPドメインの場合は申請ができません。

個人取得可能

企業、団体のみならず、個人、個人事業主、みなし法人でもお申込みが可能です。

書類提出不要

独自のオンライン認証システムで書類審査はありません。その為、公的書類などは不要です。

サイトシールでSSL暗号化通信を証明

訪問者はWebサイトの安全性を容易に理解でき、サイトへの信頼度向上が期待できます。サイトシールは、WebサイトがRapidSSLに認証されている証しとして掲載できる画像です。

多くのWebブラウザに対応

米国GeoTrust(ジオトラスト)社は自社でルート証明書を保有する第三者認証機関(CA)です。RapidSSLのルート証明書は、多くのWebブラウザに組み込まれておりますので、主なブラウザでは自動検証機能により証明書の有効性を確認することが出来ます。

4階層クロスルート証明書 4階層クロスルート証明書

2009年5月28日以降発行分(更新・再発行含む)より4階層クロスルート証明書により「Equifax Secure Certificate Authority」に変更され、より多くの携帯端末(モバイルデバイス)に対応しました。

最大256bit鍵長によるSSL暗号化

RapidSSLは、最大256bit暗号化を実現します。256bitの鍵長を解読するのはほぼ不可能だといわれており、暗号化された情報が悪意のある第三者に漏えいすることがありません。